購入前にもう一度考えてみよう

もう二度としたくない

私は、5年前に家を購入しました。当時を振り返ると、家の購入という素晴らしい楽しみでは無くとても大変だったと思い出します。購入が決まり、現在の賃貸解約手続き・住宅ローン手続き・引っ越し準備などなどやることが多くあるのですが、すんなり進んだのは一つもありませんでした。当時の仲介業者の方が火災保険の担当者を紹介してくれる手筈だったのですが、予定の時間に来ず、主人ぶち切れ…。挙句の果てには、銀行で現金の取引を行ったのですが、仲介手数料を何も言わずに持って行ったんです。せめて、一度私たちの手元に現金を置き、そこから渡すのが筋だと思っていましたが、仲介業者が勝手に振り分けて終了。本当に後味の悪い買い物でした。担当者によると思うのですが、嫌な思い出となっています。

払いきれるか心配

8年前に35年ローンで戸建てを購入しました。専業主婦の我が家は、主人名義で、主人が32歳の時に購入したので、払い終わりは67歳です。もちろん、繰上げ返済を考えての35年ローンでした。毎月の返済は、できる限り無理なく支払いができるように、賃貸を借りる程度の返済額にして、ボーナス返済はなしにしました。不動産会社の方にも、銀行の方にも、さほど厳しい返済ではないとは言われました。主人は、性格的に心配をする方ではないので、『大丈夫!』と気にする事もありませんでしたが、私自身が家計を預かっていることもあり、またかなり生真面目で心配性のため、主人が病気にでもなったらどうしよう、子供がこれから増えたら、支払いをつづけていけるだろうか、などなど考えてしまい、契約前は緊張しきりでした。住宅ローンに関して一番心配だったのが、変動でローンを組んだことでした。急に金利が上がったら、毎月の支払いはどうなるのか?などなど心配は尽きませんでした。しかし、主人の『どうにかなるし、頑張るから』という言葉を信じて、契約をしました。8年経った今、ローン返済は順調です。
繰上げ返済も何度か頑張りました。ストレスなく返済できています。