家を買おうかなと思った時に

私が家を購入しようと思ったきっかけ

私が家を購入しようかなと思ったのは、2人目の子供ができたときです。私はずっと昔から家族ができたら、いつか大きな家を建ててそこに住むのが夢でした。1人目が生まれたときは、まだ旦那の収入も安定していなかったし、私も新しい仕事を始めたばかりだったので家の購入どころではありませんでした。また私たち夫婦はその当時新婚で、まとまった額の貯金もなかったので家の購入はしたくてもできませんでした。それから2人目ができるまでの5年間で家を購入するためのお金を2人で貯めて購入することにしました。やはり、夢のマイホームで家族団欒で過ごすのが夢だったので千代田区の分譲マンションでずっと住むよりもなるべく早く自分たちの家を購入したい気持ちがありました。

結婚を機に将来家を購入することを意識しました

以前は家を購入するなんて考えたこともありませんでしたが、結婚を機に家を購入するということを意識するようになりました。
付き合っていた頃、主人が一軒家に住むことが夢と言っていたことを思い出し、入籍後に生活が落ち着いてから相談してみたところ、やっぱりマンション暮らしではなく、将来生まれてくる子供たちがお庭で遊べるよう、小さくてもいいからお庭付きの家を探そうねということになりました。
多くの方が結婚を機に家を購入することを検討すると思いますが、私たち夫婦の周りではマンションを購入する人が多いため、マンションのメリットとデメリット、一軒家のメリットとデメリットを考えてみました。私たち夫婦の生活には一軒家が合うようなので一生暮らせる家を見つけたいと思っています。